上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、まちゃです。

いよいよ、あと一週間ほどで帰国となりました。
ということで、今日は帰国後のプランについて少し。

日本に帰ったら、鎌倉以外に暮らしの拠点を持ちたいと僕たちは妄想しています。
で、どこに行こうかなぁ、というのが帰国してからの大きなテーマの一つ。
出来ればもっと山奥に行きたい。
山奥といっても、地域によって、過疎化する地域があったり、移住者を積極的に受け入れて、人口が増えている地域があったり、色々だ。

川で瞑想
メキシコのパーマカルチャーサイトにて。水がキレイなところに住みたい。

ロバライフ
移動はロバで。電気はソーラーパネルで。調理はソーラークッカー。シャワーは太陽熱温水器。そんなオフグリッドライフを妄想している。

今のところ、一つの選択肢として考えているのは地域おこし協力隊の利用。
地域おこし協力隊は、受け入れ自治体が年々増えていて、自治体間で人材の取り合い状態になってきているそうだ。
積極的に協力隊員を活かして地域おこしに取り組んでいる自治体もあれば、制度があるからとりあえず受けいれているというだけの自治体も少なくない、と聞く。
自治体と隊員の適切なマッチングは、重要視されるべきものだと思う。

地域おこし協力隊制度の利用を考えてはいるものの、はっきり言って、僕たちは「地域おこし」をしたい訳ではない。
自分たちが妄想するステキな暮らしをカタチにしたい。
ただ、それだけ。

暮らしをはじめたら、もちろん地域の人や自然、資源と深く関わっていくことになるし、
その土地の歴史や文化に徐々に触れていくことになると思う。
生活の中で、少しずつその地に馴染んでいけたらいいなと願っている。
そうして暮らしをカタチにしていくその過程で、僕たちがしたいこと、していること、が結果的に「地域おこし」に繋がったらいいな、と思っている。

だから、僕たちには、「ここの地域に行きたい」という特定の場所があるわけではない。
ただ、気兼ねなく、やりたいことをやりまくれる地域であればどこでもいい。
僕たちが妄想している暮らしを、「いいね、それ!うちの地域でやってみてよ!」、と言ってくれる懐の広い地域がないものかと考えている。

そんな「来るもの拒まず」のオープンな地域におじゃまさせてもらって、ステキな暮らしをまずはじめたい。
僕たちみたいな得体の知れないよそ者でも、「ウェルカム!」と言ってくれる地域なら、どんなところであれぜひ行ってみたい。

逆にそれが言えない地域は、今後とも過疎化が止まらないのかもしれない。
でも別にそれはそれでいいと思う。
過疎化する地域にとっては、そのまま閉じていく、ということも重要な選択肢の一つなのだから。
場合によっては、そうやって「地域の閉じ方」を議論していくことも、必要なことだと思っている。
大事なのは、それぞれの地域に住む人々がどの道を選ぶのか、今後地域がどうなっていくことを望むのか、ちゃんと議論されていることだ。

ガブちゃん家
コスタリカのファームにて。おうちはセルフビルドでした。僕たちもやりたい。

ピワカワカ
ニュージーランドのアワアワロア・エコビレッジにて。セルフビルドなら、こんなナチュラルコブハウスもいいなぁ。

牛さん
エコビレッジでは、みんなで牛を飼ってミルクを取っていた。コミュニティで動物を飼うのもいい。


さて、そんな僕たちの妄想をカタチにしていくのに、ぴったりな地域と、どうしたら出会えるだろうか?
何かいい仕組みは無いものか。
そこで考えた。

こちらから逆に求人を出せばいいんじゃないか。
はい!と手を挙げて、地域の方に僕たちを見つけてもらう。
もし、「ここにおいで」って言ってくれるところがあるならば、自分たちだけで無限とある地域から移住先を探し出すよりも、合理的。
移住者を募る地域の方から、移住希望者を獲得しにいく。
これからの時代は、そんなマッチングの仕組みがあったっていい。

これまた、新しい仕組みじゃないか。
移住希望者が自分をPRして、地域側がそれをみて「うちに来てくれ」と移住先のオファーをする。
そんな『逆求人サイト』があれば、結構世の中のためになる気がする。

≪逆求人! こんな移住者、いりませんか?≫
・30歳夫婦
・(夫)元・農系出版社勤務 (妻)ソーシャルワーカー
・少子化対策に貢献(予定)
・よく食べ、よく寝て、よく働き、よく遊ぶ
・趣味 散歩、旅
・世界中にステキ暮らしネットワーク構築中

◇やりたいこと◇
・田舎で子育て
・オフグリット生活
・自然農、パーマカルチャー
・セルフ&ナチュラルビルド
・自伐林業
・コミュニティ内自給
・きまぐれカフェ、青空シネマ、お家図書館
・気功、太極拳、合気道
・身近で日常的なリトリート
・ホームスティ受け入れ
・楽しいこと、必要とされていること、なら何でもします。

ということで、僕たち夫婦の受け入れ地域を募集します。
僕たちに「ぜひ来て欲しい!」、「あなたの妄想をここでカタチに!」、という地域の方々、いらっしゃいましたらお気軽にご連絡を。
応募多数の場合、現地面接、現地体験移住を経て、最終決定を行います。


・・・、な~んてね。
でも、結構本気でそう思っている。
こんな感じで、移住先が決まったら面白良いなぁ。

とまぁ、そんな妄想はひとまず置いておくとして、今の時点で、僕たちが実際に注目しているのは奈良県南部あたりの地域。
色んな点で、僕たちの理想に近いエリアかもしれないなぁと思っています。

帰国して、落ち着いたら、軽トラを手に入れて、二人で奈良県南部や和歌山南部あたりのエリアをwwoofとかしながら、じっくり回ってみようかと思っています。
もしかしたら、ステキな巡り合わせがあるかもね。

ということで、夢は尽きない僕たち二人。
ではまた!

まちゃ
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。