上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、はるです。
引き続き、オーストラリアの小さな小さなヤギファームでステイ中です。
朝は薪ストーブを焚くほど寒いかと思えば、クーラーを入れるほど日中は暑くなったり、とても気温変化が激しくて、夏と冬が一日にやってくるみたい。
実際、メルボルンは一日に四季がくる、と表現されるんだそう。
日本も春に向かって、寒くなったり、暖かくなったりしているころでしょうか?

***   ***   ***  

さて、ここでの生活を満喫中のわたしたち。
色々なことを学べる意外に、ここを気に入っている理由の一つは、自由に過ごせる時間が多いこと。
一日に3,4時間くらいガーデニングやベビーシッターなどをして、朝と夕方のミルク絞りを手伝ったら、あとは自分達の思うように過ごせます。
ありがたいことにwi-fiも繋がるし、こうして溜まりに溜まったブログの更新に勤しんでいるわけです。

自由な時間がいっぱいある中でわたしが楽しんでいるのがケーキ作り。
自家製のチーズやヨーグルトを使って簡単にできるケーキやスイーツをここぞとばかりに作りまくっています。

何を隠そう、わたしが一番好きなケーキはチーズケーキ。
中でもベイクドチーズケーキが大好きなんです。
この旅の間にも、チーズケーキを探しては食べ歩いていますが、なかなかこれ!という一品に巡りあうことはできません。
多分、日本のチーズケーキが一番美味しい(というかハズレがない)。
節約生活の中、奮発して買ってみては絶望するということを繰り返してきたので、もはや外では食べなくなっていました。

でも、異様にチーズケーキが食べたくなることがある。
そういえば、長らく食べてないなぁ。
時間もたっぷり・・・材料も揃っている・・・今作らずしていつ作る・・・???

ということで、チーズケーキを焼いてみることに。
レシピはネットで探して、適当にアレンジしました。

自家製ヨーグルト
自家製ヨーグルト なめらかさと爽やかさに驚愕!久しぶりに食べ物で感動した。

材料は自分たちでミルクを搾って作った、自家製のヤギのクリームチーズとヨーグルト。
庭で飼っている鶏が産んでくれた新鮮な卵に、小麦粉、きび砂糖、レモン。
ボトムには、簡単お手製タルト生地を敷いて。

基本的には混ぜて焼くだけ。
超シンプルでいたって簡単。
レシピでは生クリームを使うところを、ヘルシー&お手軽に、今回は自家製ヨーグルトで代用しました。

オーブンで焼いて、冷めたら、冷蔵庫で一日寝かせる。
すぐに食べるんじゃなくて、この一日お預け!なのが、じらされて、お楽しみ感が増していい(笑)

究極のチーズケーキ
究極のチーズケーキ?焼きムラがあるのには目をつぶって(笑)

さてさて、一日あけて、いざ実食!!
肝心のお味の方は、というと・・・?

美味しーーーーい!!
自分でいうのもなんだけど、かなり美味しくできました。
大雑把な性格なもんで、ちゃんと分量を量ったりできなくて、いつもの如く適当なんだけど、それでも十分満足のいく出来。
ヨーグルトをたくさん使ったので、少し酸味が強いものの、さっぱりしていてそれもまたよし。
さらに一日置いた翌々日は、味が落ち着いてもっと美味しくなっていました。

この結果はわたしの腕というよりも、確実に、材料の良さのおかげ。
何の混ぜ物をしていない、自家製のクリームチーズとヨーグルトでつくるシンプルなベイクドチーズケーキ。
これが美味しくないわけがない!!

小麦粉やお砂糖、レモンにもこだわって、ボトムにひいたタルト生地ももちょっとレベルアップして、薪オーブンでじっくり焼いたら、それこそ究極のチーズケーキになる!!
・・・と一人でテンションがあがっていたわたし。
でもそのくらい、美味しくて、さらに可能性を感じる一品だったのです(自分でいうな)。

チーズケーキ2
冷やして美味しいチーズケーキ 簡単にできちゃうのもポイント高い!

他にも、子ども向けのにんじんヨーグルトケーキ、クリームチーズたっぷりのティラミス、シンプルなヨーグルトカステラ、とかとかいっぱい作って楽しんでいます。
もちろん、スイーツだけじゃなくて、お料理にもヨーグルトやチーズを使わせてもらっています。

ティラミス
クリームチーズで作るティラミス。マスカルポーネよりはカロリー控えめ。

自分たちの手でミルクを搾って作ったチーズやヨーグルトなので、どんな風に使おうか、どうしたらもっと美味しく食べられるかって考えるのが楽しくて楽しくて。
愛情も思い入れもたっぶりこめて作ったものを、みんなが美味しいといって喜んで食べてくれるのが、とっても幸せ。

問題は作りすぎの食べすぎで、カロリーオーバーになるのでは・・・ということ。
ヤギ乳製品は、牛乳製品に比べて、カロリーが低く、消化によくて、栄養価も高いそう。
そんな言い訳もしながら、今しかできない贅沢な幸せを味わっています。

・・・いやいや、今しかできない、じゃなくて、日本に帰ってから、自分たちで自家製の材料を揃えられるようになって、
今度こそ究極!!のチーズケーキを焼けるようになりたいものです。

カマンベール
ブリーチーズ(カマンベール)発酵&熟成期間が長くなるにつれ、扱いが難しくなる。

そして、そして。
実はここで終わりではなく、自家製ならではの嬉しい贅沢なおまけが。
それは、ヨーグルトやチーズを作るときに出てくるホエイ(乳清)。
市販のヨーグルトでも時間が経つと表面に浮いてくる、あの水分のことです。
ホエイはヨーグルトやチーズを作る過程で大量に出てきて、捨ててしまっているんだけど、すごくもったいないなぁ、と思っていました。

何か使い道はないかと思って試してみたのが、髪を洗ったあとのリンス。
いつも石鹸で髪を洗ったあとのキシキシ(アルカリ性)を、お酢やレモン(酸性)でリンスしていたんですが、試しにホエイを使ってみたら、びっくりするほど優秀。
めちゃくちゃ髪が潤うし、お湯で流すだけでみるみる髪がサラサラに・・・!!

さらに、顔にもつけてパックをしてみたら・・・
これまた!もっちりしっとり潤った!!
久しぶりの潤いにびっくり(笑)

毎日するのは面倒だし、する必要もないかとは思うけれど、たまにはやったら髪にもお肌にもとっても良さそう。
ここにいる間は、贅沢なおまけ、ホエイの恩恵をたっぷり受けたいと思います。
あるものを捨てずに有効活用。
とってもパーマカルチャーなのでした。

そんなわけで、ミルク搾り、自家製チーズ&ヨーグルト作りから、ケーキ作り、ホエイ活用のおまけまで、余すことなく味わい尽くしているわたしたち。
食に止まらず、生活全般に楽しみと深みが生まれ、そこからどんどん派生して興味の範囲も広がってきています。
ここでこうしていい経験をさせてもらって、本当に感謝、です。

さて、明日は何を作ろうかなー

はるみ
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。