上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<記事>2014年6月 マレーシア サラワク州パカン チャボロングハウス
<現在地>オーストラリア メルボルン近郊

こんにちは、はるです。
ただいまメルボルン近郊の小さなヤギファームでお世話になっています。
久しぶりに落ち着けてます。ゆったりと過ごさせてもらっています。
これを機に止まりに止まっているブログの更新を!!
マレー編最後の記事からの再開です。

****   ****   ****   ****

今回のロングハウス訪問は、夫となったまちゃを紹介しに帰ることとガワイを一緒にお祝いすること。
この2つに加えてもう一つ目的がありました。
それは、イバン族のロングハウスの暮らしをまちゃに見てもらうこと。

学生の頃にはじめて訪れたとき、イバン族のロングハウスの暮らしは、わたしの視野を大きく広げてくれました。

一つの長屋に住む十数家族が、一つの大きな家族のように、助け合って暮らしているロングハウス。
子どもは、ロングハウスに暮らす住民全員で育てていく。どの家の子どもかに関係なく、誰もが自分の子ども、兄弟姉妹かのように接して。
まだまだ狩猟・採集のスキルや籠やござなどの民芸品作りなど、先人の知恵が生きていて民族色の濃い暮らし。
自分の身ひとつでも、ジャングルの中で生き延びられるのが一人前のイバンの証。
電気も水道もインターネットも無いのが当たり前、自然の営みとともにあるスローな暮らし。

みんな、よく働いて、よく寝て、よく食べる。
そしてなにより、よく笑う。
みんないつも大きな声でゲラゲラ笑ってる。はじけるような笑顔で毎日を過ごしている。

そんなロングハウスの豊かな生活に、当時のわたしは目を開かされました。
豊かな自然と、愛する家族、先代から受け継いついできたものがあれば、人はこんなにハッピーに暮らせるんだって。

そんなイバン族のロングハウスの暮らしに、これからわたしたちが実現したいステキな暮らしのヒントがたくさん詰まっていると思っていたので、どうしてもまちゃにもロングハウスの暮らしをみてもらいたかったのです。

****    ****    ****    ****

はじめて10日間ほどロングハウスで過ごしてみたまちゃ。
結果としては、反応はつれないものでした。
大きな感動もなく、驚きもなく。
「聞いていた話とはちょっと違うくない?」って感じ。

それもそのはず。
ロングハウスの生活環境は、この数年の間に驚くほど近代化し、今や都市部のそれと遜色ないほどになっています。

今では電気が通るようになったので、ほんの数年前まで電化製品はなかったのに、現在では冷蔵庫、テレビ、洗濯機、がある家がほとんど。
若い世代はほぼ一人に一台スマートフォンやi phoneを持っている。
プロパンガスが一般的になって、薪を使って毎食の調理をしている家はもうないと思う。

ロングハウスによってはまだまだ昔ながらの生活をしているところもあるようだけど、このチャボロングハウスはこの数年の間に様変わりしました。
生活が近代化していくにつれて、出費はどんどんかさみます。
今までかからなかった、電気代・ガス代・携帯代などなどを支払うために、現金収入が必要になってきます。
都市部で仕事を持つ家族と、専業農家の家庭では経済格差が大きくなっています。

畑までのみち
畑までの道のり 数年前までは未舗装の砂利道だったけど、今はこの通り

ペッパー収穫
胡椒の収穫のお手伝い

ペッパー乾燥
収穫した胡椒 何日もかけて天日干しする

インダイ(ホストマザー)に連れられて、ロングハウスから一番近い町、サリケイまで買い物に出かけました。
数年前までは、ロングハウスには一台のバンしかなくて、町に出かけるときはみんな一斉にお出かけしていました。
オンボロのバンに、これでもかって言うくらいにぎゅうぎゅう詰めに乗り込み、乗車率はいつも200%。
今では車を所有している家族が急増し、一家に一台とまでいかなくとも、出かけたいときに誰かに頼めばいつでも出かけられるくらいになっています。

今回、買い物に行ったのはスーパーマーケットみたいな大型店。
今までは買い物といえば、ローカル色の強い雑多な市場だったけど、今回はそこには立ち寄らず。
お土産に買って帰るのはケンタッキーのフライドチキン(家の裏に鶏飼っててしょっちゅう捌いてBBQしているのに!)。
食卓に並ぶものも、お店で買った既製品や加工品がどんどん増えてきて、以前はよく驚かされたジャングル産の新鮮な恵み(カラフルなフルーツ、小動物やカエル、ヘビ、昆虫、猪や鹿、アルマジロなどなど)を目にすることが少なくなりました。

イカン
若い衆が川で捕ってきた魚
町暮らしの若い女性は「はじめて見る!」って写真を撮っている


家族体系もかなり変わってきています。
以前にも書いたように、今では労働世代は都市部に生活を移しているから、ロングハウスは過疎化が進んでいます。
生活のために都市部で共働きをしている若い夫婦は、実家(ロングハウス)に子どもを預けて、子供と別居生活を送っていることも。
逆に、都市部に親を呼んで子育てを手伝ってもらう家族も増えているそう。
わたしと同世代の若者たちはほとんどがロングハウスを離れて生活しています。
このまま過疎化が進んでいけば、近い将来、閉じられるロングハウスも出てくるんじゃないかな、と勝手に余計な心配をしてしまいます。

アイスクリーム
月に何度かバイクでロングハウスを廻ってくるアイスクリーム屋さん 子どもも大人もみんな大好きなアイス

***   ***   ***   ***   ***

日々の暮らしの中で、変わらないものってないと思います。少しずつ、ゆるやかに変化していく暮らしのかたち。
わたしは外から来たから、それらの変化に気づきやすいだけ。
断続的に、断片的にみているから、何が変わったのかがわかりやすいだけ。

ここで、変わりゆくロングハウスの生活について、偉そうにとやかく言いたいわけではありません。
わたしが目にしている変化なんて全体の極々一部でしかないと思っています。
わたしがはじめてここを訪れるずっと前から、少しずつ進行していた変化のほんの一部を見ているに過ぎません。

ここに限らず、どこの国でもどの地域でも、同じようなことが起きている。

双子ちゃん
大きくなった双子ちゃん それでもまだまだ膝に乗ってくる甘えたちゃんで可愛い

たとえ生活環境が近代化して生活のあり方が変わってきたとしても、ロングハウスの暮らしの中に、守りたい大事なものはまだまだ残っていると思っています。
それは、自然に対する畏敬の念だったり。家族を想う気持ちだったり。
イバン族だというアイデンティティや、祭・しきたりなどの文化や伝統を大切にする姿勢だったり。

今回の滞在でも、そこここにそれらを感じることはできました。
どれだけ近代化が進んでいっても、それらが変わらず大切にされている限り、そこの暮らしはかたちを変えながらも生き続けるんだと思います。

わたしがまちゃに見てほしかった、8年前のロングハウスの暮らしはもうここにはないけれど、
当時わたしが感動を覚えた、イバン族のロングハウスの暮らしに息づく精神を、まちゃも少しでも感じてくれていたらな、と願うばかりです。

以前にも書いた、『暮らしの素地』が感じられる生活。
”何を大切にして暮らしていきたいのか。
誰とどういう時間を過ごしたいのか。”
<過去記事><タイ>なっちゃん家族の心地良い暮らし

都会で住むか、田舎で住むか。どんな環境下で暮らすかに関係なく、これだけはしっかりと押さえておきたい。
ロングハウスの変わりゆく暮らしぶりをみて、また強くそう思ったのでした。

スンガイ キレイ
2006年当時 ロングハウスの前を流れるジュラウ川 シャワーも洗濯も食器洗いもここでしていた

****    ****    ****    ****

わたしのホストファミリーには妹サトゥがいます。
はじめて訪れたときは4歳。めちゃめちゃおてんばでどこにでもくっ付いてきたサトゥでした。
13歳となった今は、思春期真っ只中、反抗期の絶頂。
わたしのことも全然相手にしてくれなくて、話しかけてもツンとしていて返事が返ってこない。

2年前に帰ったときも随分大きくなったなぁって思ったけど、それでもあどけなさは残っていてまだまだ可愛い女の子でした。
今ではすっかりお姉さんになっていて、背中まで伸びたさらさらの髪の毛をいつもとかしている少女っぷり。
あんなに無邪気で男の子かと思うくらいにやんちゃだったサトゥも思春期かと思うと感慨深い。

2年ぶりにロングハウスに帰ってきて、サトゥの成長の速さについていけず、勝手にショックを受けていたのが本当のところ。
それでも、サトゥはつれない態度ではありながらも、どこかでわたしのことを気にしてくれているのはわかりました。

インダイがイバン語で何を言っているのかわたしが理解できないとき、習いたての英単語で横からぼそっと口を挟んでくれた。
わたしが作ったご飯を「ジャナッが作ったのは食べないー!」とか言いながら、残しておいたのを後で密かに食べていた。
なんだ、やっぱりサトゥは変わらずサトゥだな、って感じることができて嬉しかったのもまた事実。

2006年 子どもたちと
2006年はじめてロングハウスに行ったとき 無邪気な子どもたちと一緒に

今度ロングハウスに戻ってこれるのはいつになるかわからないけれど、そのときにサトゥがまだロングハウスで暮らしているかはわからないけれど、
またあの変わらないサトゥの笑顔がみられることを願っています。
そして、はにかんだ笑顔で変わらず「ジャナッ!!」って呼んでくれることを。

変わりゆくイバン族のロングハウスの暮らし。
いくらその暮らしのかたちが変わっていっても、ここで暮らす人々の、あの底抜けに明るい笑顔は、いつまでもいつまでも変わりませんように。

はるみ
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。