上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(記事)2014年5月末 マレーシア ボルネオ島サラワク州パカン チャボロングハウス

こんにちは、まちゃです。

2014年の5月末から滞在したマレーシアのイバン族のところで、僕は生まれて初めて、豚の屠殺を経験しました。
といっても実際に手を下したのはイバン族のおじちゃんで、僕は暴れる豚の足を押さえていただけですが。
しかし、それでもこの経験は自分にとってかなり大きいものでした。

以前モンゴルに行ったとき、羊の屠殺を見たことはありましたが、そのときは刃物は使わず、手で血管を押さえて静かに絞め殺すような感じで(記憶があいまいですが・・・)、あまり羊を屠殺したという実感がありませんでした。

今回はもっと見た目にもショッキングな屠殺でした。暴れる豚の足を大人の男何人かで押さえておいて、一人が大きな刃物で泣き叫ぶ豚の首を切断するのです。
喉を切られた瞬間、あんなに泣き叫んでいた豚の大きな声がかき消され、血が噴出し、首が体から離れた後も、しばらく豚の体はバタバタ動き続けていました。
命を奪ったという実感が、羊の屠殺を見たときよりもずっとリアルに迫ってきました。

バビ屠殺前
屠殺直前。このあと大きなナイフで首を切り落とします。

かなり衝撃的でした。
そのせいか、その夜は久々に悪酔しました。悪酔いして、床に寝転びながら、豚の首が切られた光景を思い出し、「バビー!バビー(イバン語で豚の意)!」と僕は泣き叫んでいた気がします。

イバン族の人にとっては、自分たちで食べる豚を自分たちで育てて、自分たちで殺して、食べるのは当たり前のことです。
殺した後は、豚の体全部を無駄なく戴きます。
日本の都会で生まれ育った自分にとっては、そういうことは全く当たり前ではありませんでした。
肉はスーパーや肉屋で、食肉として食べやすく切られてパックされたものを目にするだけです。
どのように育てられたか、どのように屠られたかも知らずに、その肉を食べるのが普通です。
そもそも、その肉が、もともと生きた動物であったということに思いが向かうことすらなくなっている気がします。
そうしたことに対する思いや疑問は、もともと自分の中にはありましたが、ここでの屠殺での経験はそんな思いをより強めました。

バビ切り分け中
慣れた手つきで肉を切り分けていく。毎日のようにこの肉を食べていました。

インド独立の父マハトマ・ガンジーは、殺されるのを嫌がる生き物は食べない、という徹底的な菜食主義者だったといいます。
でも僕の場合は、肉が好きだし、今までもこれからも、牛や豚や鳥の肉を食べ続けるだろうと思います。
ただ、自分が食べている肉がどんな風に育てられて、どんな風に屠られたのか、そういうことが見えなくなったら、健全じゃない気がします。
自分が食べるもののことを、もっとよく知っていたい。
自分で食べる動物を自分で絞めるってのが、本来自然なあり方なんだよなぁと思います。
いつか自分でイノシシ猟などをしてみたいという思いが以前はあったのですが、今の自分にはちょっと難しいかもと思いました。
それぐらい豚の屠殺がショッキングだったので。
でもいつか自分で飼っている鶏を自分で絞めて食べたりできるようになりたい。
そういうことが本当の生きる力だと思うから。

ということで、命を戴く、ということについて、とても考えさせられたマレーシア・イバン族の村での経験でした。

まちゃ
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。