上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リアルタイム記事:アメリカ ハワイ州 ハワイ島
Rainforest Permaculture Cabin

こんにちは、はるです。
このコミュニティに来てから一週間が経ちました。

ここのホストは南アフリカ出身の男性アントン。
年齢不詳だけど、おそらく60代と思われる。
今はアントン、アントンの友人のハワイ出身のジェイソン、そしてわたしたち二人の四人で生活しています。
昨日までの数日間は、ドイツ人の女性クラウディアも一緒でした。

年代も出身も全然違う人たちが、何かの縁でこうして一緒に生活を送っている。
こんな展開、予想もしていなかった。
でも、一人ひとりが無理なく自然体でいて、居心地よく過ごしているのが面白い。

昨日の夜、火を囲んでみんなで座って、静かな時間を過ごしました。
誰も言葉を発しないんだけど、沈黙が息詰まるとか、何かしゃべらなきゃ、とかそんな感じはまったくなくて。
火の温かさを感じ、深く深く呼吸をする。
空には煌めく幾万もの星々。
ただただ穏やかに時間が過ぎていく、なんとも心安まるひとときでした。

お互いのこと、今までのバックグラウンド、ほとんど何も知らないわたしたち。
でも、別にそんなことはどうでもいい。
気になることがあればそのときに聞くし、話したいことがあれば自分から話す。
今ここにいる自分たちが、同じ時間と場所を共有し、共に今日を生きている。
ただそれだけ。

旅にでてから、こんな風に人と接することが多くなったと思います。
何も知らないところからスタートする関係性。
ゼロベースではじまる、これから。

日本にいるときは、目の前にいる人が何をしている人で、どんなつながりで出会って、これからどんな付き合いをしていくのか。
はじまる前から、すでにある程度の関係性が定まっていることが多かった。

ソーシャルワーカーとして働いていた当時、仕事で関わった人とは特にそう。
仕事の上では人のアセスメントをすることは重要ではあったけれど、そうすることで見えていなかったこと、見ようとしなかったこと、いっぱいあったよなぁ。
ふと、改めてそう振り返ったりして。

旅での出会いが印象深いものになることが多いのは、肩書きや背景に捉われることなく、お互いに"今の自分"で向き合うことからはじまるから。
そうして育まれる関係は、とても純度が高く、尊い。

* * * *

クラウディアは毎日バイオリンを弾いていました。
ハワイの青い空に抜けていくような、清々しい音色。
わたしはクラウディアの奏でるバイオリンが大好きでした。

後からきいたら、彼女はプロのバイオリニストなのだそう。
そりゃ素晴らしい演奏なわけだ~、と思ったけど、プロだから凄いとか、プロだから価値があるとか、そういうことではなくて。

今ここで、クラウディアが奏でる、そのバイオリンの音色が美しい。
わたしはそれが好き。

やっぱり、ただそれだけ。
余計な修飾や説明はいらない。

毎日、ステキな演奏を聴かせてくれたお返しに、わたしは曼荼羅を描いてプレゼントしました。
実は、はじめて描いた作品。
まだまだ洗練されていないものだけど、ありがとうの想いをこめて描いた曼荼羅。
クラウディアはとっても喜んでくれて、とびっきりの笑顔でハグを返してくれました。
バイオリンとこの絵と一緒に旅をするね、御守りになってくれるね、って言ってくれて。

とっても嬉しかった。
伝えたい想いがまっすぐクラウディアに届いたから。

* * * *

こうして送る毎日にわたしはとても感謝しています。
この一週間で新しく生まれ、築かれてきた、ゆるやかなつながりの関係性のもとで、わたしは平和に過ごしています。

今から島の北部にキャンプにいくみたい。
予告もなく唐突なんだけど(笑)
島キャンプ、どんなんかな。
楽しみにいってきます。

では、また!
はるみ
スポンサーサイト
リアルタイム記事:アメリカ ハワイ州 ハワイ島
Rainforest Permaculture Cabin

こんにちは、はるです。
ハワイののんびり島ライフを満喫中。

昨日のまちゃの記事にあったように、まだ新しいこのコミュニティは水道もトイレもないところ。
もちろんシャワーもありません。
そういえば、数えてみると一週間くらいシャワーをしていないことになります。
でもここ、近くにホットポンドっていう温かい水の池があるんです。
海水と温かい淡水の混ざった不思議な池で、地元の人に連れて来てもらわないとわからない穴場。
火山の島ハワイ、至る所にまだ活動中の火山源があって、温泉が湧いています。
そんな地中の熱にお世話になってホットポンドにつかって癒されています。

以前、シャンプーを使わなくなったって書いたけど、最近ではもはや石鹸も使わなくなってきました。
水で流してその辺で拾ってきたレモンをしぼってさっぱり。
自分としてはこれが自然なことになってきたものの、こうしておおっぴらにしてしまって、引かれないものかと少し心配しています(とかいいながらも書いちゃう)。
でも、密かにこのスタイルがスタンダードになるといいなとも思っています。
水で洗い流すだけでも意外と清潔は保たれて不快感はないし、色々と余計なものを使い過ぎてたなって改めて。
そして一度そうなってしまうと、もう色々使うのが逆に気持ち悪くなってきちゃう。
毎日毎日、色んなものをつけてゴシゴシ洗わなきゃいけないほど、人間って汚れてないですもんね。
素敵女子とはかけ離れてるけど、これこそナチュラル系なのでは(笑)

今日は近くのビーチに連れて行ってもらいました。
砂浜の砂は真っ黒のブラックサンドビーチ。今までみてきたビーチと一味違う。
おまけにここ、ヌーディストビーチなんです。
結構な数の人が全裸で泳いでいたり、ビーチに寝そべってまったりしたりしています。
日本ではありえない光景ですが、抵抗なく全裸の男性の横に座れるようになったのは、旅のおかげで許容範囲が格段に広がったから。
全裸で寝転がって太陽の光をまさに全身で浴びて、きっと気持ち良いんやろうな、と単純に思ったり。
まちゃは「それでもパンツははいて欲しい」って言ってたけど(笑)

ここの時間の流れはめっちゃゆっくりで、本当にのんびり過ごしています。
二人でぷらぷら歩いて、海の見える広場で波の音を聞いて、風を感じながらぼーっとして、マッサージして(もらって)、道端の野フルーツを探しながらぼちぼち帰って。
わたしたち、ほんとに散歩してたそがれることが大好きです。

夜は早く寝るから、明け方に一回目が覚めるのですが、昨日は満月がただただ綺麗でその光がすーっとまっすぐに足元まで届いてきて、月からの道が見えたみたいでした。
まちゃもわたしも同じタイミングで目が覚めたもんだから、二人で並んでぼーっと輝く月を眺めていました。

月が綺麗だな~とか、波の音をいつまででも聞いていられるな~とか、鳥や虫やカエルの鳴き声が朝と夜で違っていておもしろいな~とか、最近そんなことばかり思ってます。
オフグリッドな生活だから、無意識に自然なものへと感覚が向かうのかな。

世界中から楽園を求めてハワイにやってくる人たちの気持ちが今なら少しわかります。
自然の豊かさと、ここに暮らす人たちの大らかさと、島のピースフルな空気を感じて毎日過ごしていたら、心が大きくなってくる。
みんながハワイ時間で過ごしたらもっと平和な世界になりそう。

ここの海ではクジラがよく泳いでいるらしいので、明日はクジラを見れるといいな。

***

と、こんな感じで今の思いや考えをリアルタイムでアップすることに方向転換中です。
リアルタイムと並行して、過去記事も追いつくように書いていくつもりです^_^;

ここはパソコンを繋げるには電力不足なため写真を一緒にアップできないですが、写真は追ってfacebookにあげられたらと思ってます。
写真なしで味気なくて残念です。
ぜひ想像力を働かせて、自由に絵を思い描いて読んでください。
穏やかなハワイの空気が少しでも届きますように。

では、また近いうちに!
はる
リアルタイム記事: アメリカ ハワイ州 ハワイ島
Rainforest permaculture cabin

こんにちは、まちゃです。
数日前にオレゴン州ポートランドから、ハワイ島へ飛んできました。

今はRainforest permaculture cabinという小さなコミュニティにお世話になっています。

ここはまだ始めて間もないコミュニティらしくて、建物も何もかも作りかけという感じ。

最初こそ不便に感じる点も多かったのですが、その分気づかされることも多いです。

まず、ここ水道やトイレがありません。

なので必要な水は、車にタンクをたくさん積んで汲みにいかなければなりません。必然的に水を大切に使うようになります。食器洗いなんかは洗剤もほとんど使いません。ほんのちょっとの水で綺麗に出来ます。

トイレはコンポストトイレが未完成なので、近くの公園のトイレを使っています。ちょっと歩くので、もよおしてる時は大変ですが、意外とこれでやっていけるんだなぁという感じです。あって当たり前のものが無い状況に置かれると、世界が広がります。

これまで所有するのが当たり前だったものも、最近は共有する時代になってきてますよね。家とか車とか。もしかしたらトイレもシェアが当たり前になるかも?

そして感動したのは食べ物について。
今僕達がいるあたりには、至る所に食べられる果実のなる木が生えています。キッチンにアボカドとか、ココナッツとかパッションフルーツとかベリーとかがいっぱいあって、聞くと「全部、その辺で拾った」とのこと。

実際、今一緒にコミュニティに滞在してるジェイソン君は、ちょっと車で出かけた時とか、その辺にいい果物が落ちてるのを見つけては、車を止めて拾っています。ちなみに彼もハワイ出身。

ハワイの人達って、なんとなく穏やかでのんびりした雰囲気を漂わせてる人が多いけど、こういう生活環境によるところもあるのかなぁと思ったり。

果実とか食べられるものがその辺にいっぱい生えてるって、ものすごい豊かなことだよなぁ。

日本に帰ったら、自分も色んな果実のなる木をゲリラ的にいっぱい植えてそういう環境を作ってみたい、という野望を密かに抱いています。

あと昨日、月の虹を見ました。月の虹とは、月の光で出来る虹のことです。見るとなんとなく幸せな気持ちになれます。

ということで、ハワイではこのコミュニティに二週間ほどお世話になってから、オアフ島とカウアイ島でも滞在する予定です。

ブログの更新が全く進まないので、出来るだけ、現在感じたことをすぐ書いていこうと方針を転換しようとしています。
過去のお話は、その合間に少しずつ書いていく予定です。

それでは!

まちゃ
(現在地)2016年1月 アメリカ オレゴン州ポートランド
(記事)2014年5月末 マレーシア ボルネオ島サラワク州チャボロングハウス

こんにちは、はるです。
年越しをはさんじゃったけど、マレー帰省のお話の続き!です。

5月31日、6月1日がイバン族の収穫祭ガワイの本番。
それに合わせて日本から二人のマレー仲間が帰省してくれました。
さおりん(スンドゥ)、とみちき(キラッ)。
彼らは本当に尊敬すべき家族孝行な二人で、毎年ロングハウスに郷帰りしているというつわもの。
もう5年くらい連続で欠かさず帰省しているのでは?
普通に日本で働いている社会人だから、予定を調整して有給休暇を使って短期でマレーに帰省する。
当たり前にそれができるフットワークの軽い二人が大好きです。

チャボ ピース
久しぶりの再会 マブアスマイル

マンディマブア
川でマンディ(水浴び)乾杯

収穫祭ガワイ当日(あれ?前日だったっけ?)にハイテンションで到着した二人を笑顔で迎えたんだけど、実はわたしたち二人のコンディションは最悪でした。
すでに約1週間前に到着して、ロングハウス生活を送っていたわたしたち。ガワイ数日前からフライングで飲み始める男衆にあおられて、結構飲んでしまっていたまちゃは絶賛二日酔い、三日酔い中だったのです。
はじめての滞在で免疫のないまちゃに、わたしは事前に釘をさしていました。
「絶対に調子に乗って飲みすぎたらダメ!」
「すすめられても『ミミ(ちょっとだけ)!』って言い続けて!」
「グラスあけたら即座につがれるからあけたらアカン!!」
「長期戦やからペース配分考えて!」って。
もともとお酒は大好きで、かなりいけるくちのまちゃ。
酔っ払ってテンションがあがっても、つぶれることなんて今まで見たことありませんでした。

でも、今回はダメだった。あんなに散々、散々忠告したのに。
旅をはじめて約2ヶ月。思ってたよりノンアルコールな日々を送っていて、日本にいるときに比べると明らかにアルコール摂取量は減っていたわたしたち。
久しぶりにグイグイいっちゃって、すぐにやられちゃったのです。

あと、まじで??って言うくらいにちゃんぽんされるのもひとつの原因。
ここで日常的に飲むのはトゥアという、現地のお米イバン米からつくる自家製のどぶろく。
甘かったり、ちょっと酸味があったり、家によって味は様々で飲みやすいからどんどんいけちゃうやつ。
あと、ランカウっていう蒸留酒。
これもお米からつくるんだけど、アルコール度の高い焼酎みたいなので、ちょっと特別感があるもの。
これらに加えて、ビール、若い衆がお土産で持って帰ってくるワインやウイスキーやブランデー、あとよくわかんない安物の中国産のお酒などなど。
ありとあらゆるアルコールをちゃんぽんして飲みまくる。

この飲み方、かなりタチが悪くて一気に悪酔いする。まちゃはこの乱れ飲みに見事にノックアウトされちゃいました。

わたしはというと、珍しく体調を崩していました。突然の熱発に吐き気と下痢で寝るしかできなかった。
はじめはなんでなのか原因がわからなくて、まちゃも心配してくれてたんだけど、そんな様子をみて、ロングハウスの他のみんなは「つわりだ!!ジャナッ、妊娠だ!!」ってめちゃめちゃからかってきて。
しんどいのに、みんなゲラゲラ笑いまくっちゃって。
いや、本気でしんどいからっ!何でみんな笑ってんの?ってわたしは一人泣いてました。

後からわかったことは、ちょうど同じ時に実はインダイ(お母さん)もお腹をくだしていたという事実。
多分、二人で魚を料理したときに水道の水が急にとまってしまって、キレイに手や調理していたものを洗えなかったのがよくなかったんだと思います。加熱調理後のご飯を食べたまちゃもアパイ(お父さん)もなんともなかったけど、台所にたっていたインダイとわたしは見事にお腹をやられちゃった。

インダイ、自分もお腹やられてるのにそんなことは一言も言わず「ジャナッ!妊娠だっ!」って一緒になって笑って騒いじゃって。ほんと意地悪なんだから。
これも今となっては笑える思い出なんですけどね。

そんなわけで、コンディション最悪だったわたしたち二人。
ガワイ本番はかーなーーーり、おとなしくしていたのでした。
おまけに、ご近所のダガンロングハウスのジェームスが朝早くから迎えに来てくれて。
「ジャナッ!チャボは今年喪中だから、うちに来い!!にぎやかなガワイを見に来い!!」って親切に招待してくれたんです。
久しぶりにダガンにも行けて、美味しいご飯をご馳走になって嬉しかったんだけど。
まちゃは反省をいかして、お酒をすすめられても全然飲まなかったし(笑)残念というか、なんというか、ガワイに似合わない過ごし方をしてしまったのでした。

ダガン2
おじゃましたダガンロングハウスで

とはいっても、やっぱり飲んだくれ祭ガワイ。ダガンでのしばらくの自粛時間を経て復活したあと、チャボに戻ってからはさおりんとみちきと一緒になって、エンドレスでワイワイやりました。
まだまだお子ちゃまだった若いメンツとも、一緒にお酒を飲めるなんて(って当時からもちびっこながらに飲んでたけど・・・)嬉しかったな。
例年のように、伝統衣装と伝統音楽で夜通し踊ったり、運動会やカラオケ大会みたいなイベントタイムはなかったものの、それぞれの家をはしごして、一緒に飲んで、おしゃべりして、飲んで飲んで、飲まれて飲んで。
たくさんのお客さんを入れかわり、立ちかわりもてなしながら、イバンスタイルのお酒の時間を楽しんだのでした。

ガワイご飯
ガワイご飯

皿洗い
宴会の裏では、次から次へと終わらないお皿洗い

チャボ村長さんの愛孫たちのお誕生日もみんなで祝えたし、喪中ながらも静かなガワイを楽しめてよかったよかった。
今度、郷帰りするときは子連れで帰りたいな。
これ、新たな夢の一つです。

ガワイ誕生日
ガワイキッズたちの合同お誕生日会

ガワイみんなで乾杯
みんなで夜通しエンドレス乾杯

さおりん、写真ありがとーう!
みちき、さおりんはじめマレー仲間なみなさま、帰国したらまた大マブア会しようね。

はるみ
こんばんは、はるです。
今日は2015年の最後の一日。あっという間に一年が過ぎてしまいました。
今、わたしたちはアメリカ、オレゴン州ポートランド近郊のオーガニックファームで過ごしています。
想像していたのと違って、とてもにぎやかなファーム。20人近いアメリカ人の若者たちが共同生活をしている中におじゃましています。緊張しながらも、少しずつここのムードに慣れてきたところです。アメリカ映画の中で見るような、まさに「ジョークでしょう?」なシーンがそこここで繰り広げられている中、わたしは今静かに一年を振り返っています。
日本はもう年越し、してますね。一足遅くなったけど、一年の締めくくりに心のうちを思うままに徒然と。

***   ***   ***   ***   ***

2015年、この一年をどう表現するのが適切なのかちょっと考えてみる。ぱっと思いついたのは、「毎日をシンプルに生きた一年」ということ。
旅をしていると毎日が楽しいことばかりじゃなくて、「何でこんなところで、こんなことやってるんだろう?」と思うときもたくさんありました。それでも「この一日には大きな意味がある」そう確信しているから、一日一日を大切に過ごすことができした。そのとき、その場所で、自分にできることは何なのか、自分は何をしたいのかに向き合って過ごす毎日。難しく考えることは何もない。心の声を聞く、ただそれだけ。とても、とてもシンプル。
誰に強制されるでもなく、自分で選んだから、今ここにある今日という一日。明日のこと、明後日のこと、その先のこと、を考えるのはもちろん大事だけど、それより何より今日を懸命に生きよう。今日という一日を集中して生きよう。そんな毎日の繰り返しで一年が過ぎていった気がします。今日という一日に集中すると、見過ごされていた大事なことに気づくことができます。当たり前のことに、きちんと感謝することができます。毎朝起きて、まちゃとハグしてはじまる一日。毎食の食事を味わって楽しむ時間。暖かい太陽のエネルギーを感じて目をつぶっている瞬間。そんな何でもない一瞬一瞬に幸せを感じることができる毎日。この一年、「幸せやなぁ。」「ありがたいなぁ」と何度つぶやいたことか。一年を通して、そんな風に毎日を過ごせたことはとても幸せなことです。

モニュメント
モニュメントバレー ゆっくり歩いてお散歩した

そして、一日をシンプルに生きると、自分の在り方もシンプルになってきました。
一つは、自分を着飾ることがなくなったこと。お化粧しないし、ピアスもしなくなったし、毎日のように同じ服着てるし。
外見を気にすることにエネルギーをさくことが無くなりました。それはきっと、見た目を着飾るのではなくて、もっと内面を豊かにしたいと思う気持ちが強くなったから。お洒落は人生を楽しむ上で欠かせないし、社会生活を営む中で無視できないことと思っています。でも、内面が綺麗な人は着飾る必要がない。内面が輝いている人ほど素を出していて美しい。そう気づいたら、余計なものは何もいらないな、もっと自然の姿でいたいなと考えるようになりました。
化粧をしなくなったから、洗顔にも肌ケアにも何も使う必要がなくなりました。ヘアケアも必要ない。シャンプーもコンディショナーもいらなくなった。髪の毛からつま先まで、全身石鹸で洗ったあとは持っているオイルを少々つけるのみ。髪の毛は、まちゃに切ってもらうようになりました。はさみでジョキジョキ切るだけのド素人美容師なのにそれで満足。着ているものは、やぶれても繕って大事に着る。大事に着るから愛着がわいて長持ちする。結果的に、持ち物は減るし、買い物しないからお金はかからないし、本当に必要なものが何なのかわかってきて、以前に比べてとってもシンプルになりました。これらの変化は旅に出たから生じた必然的なものだったかもしれませんが、自分の在り方をつくる要素としてとても意味のある変化でした。

Tシャツ
ビリビリのTシャツ 太陽を浴びてエネルギー充電中

在り方がシンプルになると、考え方もシンプルになってきました。
物事を難しく考えるよりも、just do it!!自分がこれと思うことをやってみるのみ。以前からのこの考え方にさらに磨きがかかりました。あぁ、これでいいんだ、間違ってないんだ、って。
自分のことを多く語る必要がなくなってきたように思います。言葉で語るより、生き様で示す。それが全てだと思うようになってきました。(こうやってプログで語っているので大きな矛盾が生じてますが)
旅の中で出逢った人で、この人スゴイな、と尊敬できる人は皆共通してそうでした。多くを語らずとも、すでにその人の生き様が全てを語っている。色々言葉で語るより、行動で示す、生き様で示す、まとっている空気で示す。これ、理想だなと思います。
誤解を恐れずに言うと、その人が何を語るのかよりも、その人が何を食べているか、どんな暮らしをしているか、どんなお金の使い方をして、どんな人とどんな付き合い方をしているのか、そういうことをみるほうが、その人のことをよく理解できるのではと思います。だから、今はわたしも、在り方で、生き様で、自分を語れる人間になりたい。そう思っています。この旅を通して、何を学び、これからどんな暮らしをしていくのか、実践で示していきたいです。


もう一つ、ここに記しておきたいこと。
それは、わたしたちの周りにいてくれる家族、友人への感謝の気持ち。
この一年、完全に日本を離れていて、日本にいる家族とも友人とも過ごす時間はまったくありませんでした。電話もしてない。それなのに、日本にいたとき以上に家族や友人の存在の大きさを感じることが多かったです。離れているからこそ気づく大切さ。離れていても繋がっている絆。そんなことを感じる時間が多かった。いつ、どこで何をしていても、わたしたちのことを心配し思ってくれている家族。はじめは心配ばかりが先立っていた親も、旅が長引くにつれ心配が信頼に変わってきたような気がします。いつになったら帰ってくるのかと呆れているのかも?それでも今では、納得するまで思う存分やりなさい、と言ってくれてありがたいばかりです。現地の友人・知人を紹介してくれて、いつもサポートしてくれる兄弟しかり。帰国したらちゃんと家族孝行しないとなぁ。
愛すべき友人たちも変わらず応援してくれて、いつもパワーをもらっています。折にふれてメッセージをくれたり、近況報告をしてくれたり。離れていても、気にかけてくれて、時に頼ってくれて、とても嬉しい。みんなが恋しくて、早く仲間に入りたくて、帰国したいと思うときもしばしばですが、今は誰に会っても恥ずかしくないように納得のいく旅をして帰りたいと思う気持ちが一番。元気に帰って、笑顔で再会パーティーをしたいなと夢みています。旅へのモチベーションを保てるのは、いつも応援してくれるみんな、今これを読んでくれているあなたのおかげです。本当にありがとう。みんな大好き。心からの感謝と溢れる愛を。

種
コスタリカのソウルメイトに分けてもらった夢がつまった大事な種 日本に帰ったらゆっくり育てたい

さてさて、本当に思いつくまま書いてきました。まとまらない長文、乱文で失礼します。
今から2016年ニューイヤーを迎えます。お祝いムードでみんなテンションあがってきている。長い夜になりそうです。
2016年も、わたしたち一人一人にとって、輝くステキな一年となりますように。笑顔で穏やかに毎日を楽しめますように。

from Canby Oregon,USA
はるみ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。